Saturday, March 8, 2014

「ジュニア選抜、集まる」

(●´・ω・)ノ☆☆☆HELLO☆☆☆☆ヽ(・ω・`○)
今日は普通に家でゴロゴロしてた ww
だって、やるものないし...
(嘘だけどねww)
もう朝からずっとテニプリ見てた!
今ちょうどジュニア選抜の話で、
ついに始まった選抜合宿。
「関東地区ジュニア選抜」と看板の掲げてある合宿所。
どことはなしに外観が立海大っぽい。
…しかし、アニメで全国をやるにしろやらないにしろ、日程ってどうなってるんでしょうか(^^;
だいたい夏の大会はお盆前後には全日程終了するはず。
何せ関東大会消化するのに一月かけてますからね…八月一週目にジュニア選抜合宿と日米親善試合終わらせて、後十日くらいで全国消化?
うーん、ハードスケジュール(^^;

この合宿の参加メンバー。
まず青学は優勝校ということで無条件でレギュラー全員参加だそうです。
まあ、青学は良いんですよ、主役校ですしね。

立派な合宿所に「軽井沢とは雲泥の差」と驚く桃。
海堂が「あたり前だ、ジュニア選抜の強化合宿だぞ」とツッコミ入れてますが、選抜ってそんなご大層なものでもないような気がします。
特にこういう地域での選抜は(^^;
むしろ立海とかに集まって、近場の民宿か何かで寝泊まりして、立海で練習とかの方が選抜っぽいと思います。
まあ、時期が時期なだけに立海側も他の部活やってるだろうし迷惑でしょうけど。
それに金持ち私立の独自の合宿の方が豪華だと思うんですけどねぇ…ほら、氷帝とかもそうですし。
「越前にお客さんのようだ」
と乾が言ってみんなが振り向いた先にいたのは…。

華村先生。
「うふふ、久しぶりね越前君」
先生ー!相変わらずお美しい。
今回の合宿何が嬉しいって一番は華村先生に会えた事!!
城成湘南からは三人が参加とのこと。
次々と合宿所に集まる他校メンバーを見てると、突き放して観てるつもりだったんですがどこと無しにワクワクしてしまいます。
折角だから各校メンバー紹介しましょう。
城成湘南。
部長の梶本君、若人君、神城君とシングルスの三人。
この学校はとても実力的に妥当なメンバーだと思いました。
城成は無視されるものだと覚悟していたので(それか実力無視して梶本だけか)ちゃんと選ばれていて嬉しい。
てか、制服があった事にビックリ。
不動峰。
伊武、神尾。
城成に続き非常に納得いく選出。
六角。
ダビデ、佐伯、木更津兄。
…ダビデはいい。ダビデはいてあたり前。
だから何故佐伯が(略)
まあいいです。剣太郎がいないことで実力で選ばれたわけではないことは明白。
兄はひょっとしたら強いかもしれませんしね。
ああ、バネちゃんの制服姿見たかったなぁ…。
山吹。
千石清純。
お久しぶりです清純君。
良かった、選ばれてて。
まあ、不動峰のダブルス陣もいないしここは清純だけで仕方ないかな。
今日の清純、やたらカッコイイ。
これが高橋(作監)マジック、か…。
ルドルフ。
あり得ねぇ…!!
ちょ、ちょっと待って…なんで都大会落ち校が選ばれてるんですか。
しかも三人も。(※私はルドルフの大ファンです)
これじゃ成績勝ってる銀華中が哀れ。
しかもメンツは観月、木更津弟、それに裕太。
バネちゃんが裕太にも劣ると…?
あり得ない…裕太には大変申し訳ないけど絶対にあり得ない。
てか、裕太に圧勝したジローの立場は一体…。
単に木更津兄弟揃えて出したかっただけでしょう?
と簡単に意図が読めてしまうのが寒い。
淳君、だから制服にハチマキやめようってば…。
氷帝。
五人は多すぎ!
流石跡部様率いる人気校は凄いですね。もうビックリです。
でもルドルフ(都大会落ち)がいるんで一回戦敗退校のくせにとあまり強くは言えない(^^;
樺地と忍足はいらないと思います。
てか樺地って跡部のオプションで選ばれたようなもんだろうなぁ…樺地かわいそう。
宍戸と鳳よりジローの方が強いんじゃ…忍足がいるから一回戦の勝ち負けは関係ないみたいだし。
ていうかホント、跡部だけでいいから後は違う学校に枠与えた方が本来なら正しいような。
まあいいや。
立海。
シングルス敗戦組の切原、真田、柳。
決勝で勝ったダブルス陣の立場ナシ。
でも、私でも選ぶならこの三人だろうな(^^;
益々氷帝の五人ってのが浮いてます。
悲しいけどこれ、大人の事情なのよね~。(スレッガーさん風に)
一通りメンバー紹介も終わったところで、遅れてきたコーチが一人…。

氷帝学園テニス部コーチ・榊太郎。
先生…タクシーでご登場ですか。
微妙にショボイっすよ…。
合宿メンバー28人、及びコーチ、スタッフ陣が揃ったところで総監督を務めるスミレちゃんから挨拶が。
スミレちゃんが総監督って…。
大丈夫なのかなぁ…。
スミレちゃんの話によると、今年から日米親善ジュニア選抜大会が行われることになったとの事。
相手はアメリカ西海岸のジュニアハイスクールの選抜チーム。
この合宿はその試合に臨むためのメンバーを決める合宿だそう。
具体的な内容については華村先生から…。
この合宿ではまず28人を三班に分けて、各班ごとに合宿を行うというプラン。
各班、スミレちゃん、華村先生、榊先生がコーチを担当。
メニューはコーチに一任、各自自分以外はライバルだと思って臨め、との事。
更に看護士、トレーナーなど専門スタッフもついて。
ボランティアまで来ているとの事。
そのボランティアとは…うわ、壇君、今気付いた(^^;
山吹からはこれで二人って事か…あざとい。
そしていつもの一年トリオに桜乃ちゃん、朋ちゃんそれに杏ちゃん。
…杏ちゃん、あの跡部もいるのによく来る気になったなぁ。
桃がいるから?
「キャー、リョーマさま~!」
と叫んで周りに笑われる朋ちゃん。
頭抱え込むリョーマ…一躍有名人ですね、違う意味で(苦笑)

折角ですので各班のメンツも紹介しましょうか。
スミレ班。
越前、大石、鳳、梶本、神尾、菊丸、切原、宍戸、千石、桃城。
あら比較的まともなメンツ(笑)
榊班。
乾、海堂、河村、佐伯、真田、不二、裕太、観月、柳。
…データマン揃い踏み(^^;
しかも怖そう…この班。
不二「裕太と同じ班だね、よろしく」
裕太「兄貴だからって容赦しないぜ」
…微笑ましい会話のはずなのに、涙が…。
華村班。
跡部、天根、伊武、忍足、樺地、木更津弟、木更津兄、神城、若人。
…いろんな意味で個性的な班ですね。
左から俺様、ダジャレ、ぼやき、関西弁、ウス、クスクス双子、ソリコミ無口、芸人。
わーお…(^^;
間違いなく一番の問題班はここ。
しかも暗そう…明るいの若人だけ?

「お前と同じ班になれなくて残念だ、選抜チームで待っている」
とリョーマに言って去る真田。
うん、確かにキミは選ばれそうだけど。凄い自信。
そんな真田を見て大石以下青学の面々。
「みんな、これからライバル同士になるがお互い頑張ろう」
「うっす!」
と。
良いなぁ…ここにこうしてバネちゃんも居たかっただろうな。
なんて未練がましく思ったりして(^^;
いや彼だけでなく、いっちゃんも、首藤君も、剣太郎も、向日もジローも他の漏れたみんなも。
私はいいんですが、この中で漏れてしまった選手達は今どんな気持ちなんだろう。
もう引退(個人戦なければ)してしまったルドルフや氷帝の面々、これから全国控えてるバネちゃん達。
どういう気持ちで合宿にいくメンバー見送ったんだろうなあ…。

さて、早速班別に行動する面々。
スミレ班。
清純、選抜ジャージ似合ってるよ!!
今日の彼は何でこんな男前なんだろう(笑)
切原も似合う…これは黒髪には似合うデザインみたい。
スミレ班は今日は自主練とのこと。
試合しても良いといわれて早速神尾にハッパかける切原。
何でコイツと同じ班に…と睨み返す神尾。
ああ、唯一まともな班っぽかったのに…。
 

華村班。
「アメリカ選抜チームに勝つため、この合宿で最強のチーム作りをします」
と張り切ってる華村先生。
会議室っぽい場所にいるのに一人VIP席にいる跡部は一体何様なんだ。
みんなのことをもっと良く知るためにミーティングを行い、そのうえで最も一人一人に適したコーディネーションを…と華村先生。
「フン、俺たちのことを良く知りたいのならとっとと試合した方が分かると思いますがねぇ…なあ樺地?」
と相変わらず樺地がいないと何もできないらしき跡部が華村先生に一言。
でも黙ってる華村先生ではありません。
「うふふ、私のところに来た以上、私のやり方についてきてもらうわよ…良い?跡部君
華村先生最高ー!
もっと言ってやってください!
ていうか跡部よ…華村先生に文句があるなら私と替わって!
私も華村先生の指導受けたいよ…。
しかし、そんな雰囲気をぶち壊す男が一人…。
「コーディネーションはこーでねぃと……プッ」
…アカン、アカンてダビデ。
「キミ、笑っても良いのだよ」
隣の神城君に絡むダビデ。
てか相手三年、三年だからダビデ!
六角の常識を他所に持ち込むのはやめていただきたい。
しかしあの神城君がダビデを相手にするはずもなく…。
「…ちょっとベタすぎた?」
更に絡むダビデ。当然無視する神城君。
「ツッこんでくれない…」
…まあ、無視されるのが一番つらいやね。
いつもいつも律儀に突っ込んでくれてたバネちゃんは今はいないからね。
あちゃー…この班では毎回こんな寒い空気が流れることになるのか(^^;
てか、左隣の木更津兄…チームメイトでしょ?突っ込んであげてよ(笑)
ホント暗いなぁこの班。
ダビデのダジャレに文句言う伊武のぼやきが聞こえてきそうな気がする…(苦笑)
でも、ダビデって台詞一つにしても独特の雰囲気あって良いキャラですね。

榊班。
「言うまでもない事だが親善試合といえども出場する以上は勝て。もしこの中にそのつもりのない者がいればこの場で帰れ。いついかなる時も遊び半分な気持ちでコートに立つ事は許さん。以上だ」
ということで、榊班は今から試合の模様。
切原にジャージ似合ってたから、当然観月も似合ってました。
「不二、佐伯。乾、柳。これからダブルスの試合をする」
と榊先生。
あの~…あなたの班には不二が二人いることをお忘れですか?
当然のごとく不二周助を指してるようですが、裕太の立場は…。
不二・佐伯ペアVS乾、柳ペア。
うわ…何か佐伯・不二って絶対ある気がしてたんですが不二・菊丸並にどうでもいい。(個人的に)
まあいい、佐伯のお手並み拝見って所です。
相手は元小学生チャンピオン(でしたっけ?)の柳、乾ペア。
「教授」「博士」なんてかつてのあだ名も良い感じに出したりしてこういう組み立ては前川さん流石上手いですね。
「博士」と呼ばれて焦って佐伯にサービスエース許した乾が笑える(^^;
乾と柳は幼馴染、佐伯と不二はライバル同士。
因縁ペアだとかなんとかギャラリーが騒ぐ中
「榊監督のことだ、知ってて組ませたんだろうね。いい加減に見えてしっかり見ている人ですよ、あの監督は」
と観月。
流石解説役は板についてます。
観月が選ばれた訳、分かりました。
観月は他の誰も代用の効かない個性だけは持ってますからね。
私でも、物語を組み立てようと思ったらそれなりに人気がある、のほかに個性的なキャラを用意すると思います。
じゃないとストーリーが動かせませんから。
そういう意味で、木更津兄弟がいるのもエピソード付け加えるつもりなんだろうし、佐伯がいるのも不二の幼馴染だからキャラ同士の絡みが作りやすいからでしょう。
(更に木更津兄弟は菊丸、樺地と声優さん被ってるんで制作費節約にもなりますし^^;)
それに最終的に選ばれるのは数人、だったらその数人以外は別に実力なくても構わないわけです。
結局落とすんだから。
それも考慮されてるんだろうなぁ…。
梶本・佐伯に裕太・宍戸とか明らかにどっちか一人でいいだろうという
キャラ被り組もいますけどね。

あ、観月と切原もか…。

Bパート。
ロブで誘う不二、佐伯。
「乾、何故あのイージーボールをスマッシュしない」
と呟く真田の傍に観月が…。
「二人とも相手の手の内をお見通しなんですよ。スマッシュを打てば不二君のヒグマ落としの餌食ですからね」
と。
…どこにでも解説に現れるんだねキミ。
さて、前衛佐伯。
「このまま勝てると思うなよ…柳!」
観月の解説どおりご自慢の動体視力を駆使して作戦を練ってる模様。
といってもその動体視力、剣太郎にも劣ってるんですが。
眼力効かせて何をするかと思えば
「…読めない!」
とかいってコードボール、あげくあっさりレシーブされて横を抜かれてしまった模様。
「隙がない…あんなヤツ初めてだ」
ちょ、ちょっといきなりヘタレないで下さい佐伯君。
やっぱり弱い。あぁあだから何で佐伯が選ばれて(略)
キャラも薄いのになぁ…やはり作中一王子の似合う男だからか。
「ドンマイ佐伯。勝負はこれからだよ」
と不二。
一方自主練中のスミレ班。
懲りもせず神尾に絡む切原。
…この子、この絡み癖なんとかならないのかなぁ。
私としてはそこが見ていて面白いのでずっとこのままで構わないんですが、本人の今後を思うと(苦笑)
「あっちのコートが空いてるぜ?試合しようぜ」
「お断りだ」
とピリピリした空気が…、周りも気を張って見つめてるようで。
やっかいな二人と同班になったもんですね皆さん…いや切原だけか、厄介なのは。
特に気配り気質の梶本君と大石は色々と心配でしょう。
しかし、神尾も切原がああいってるんだからここは敢えてフレンドリーに接すれば(無理して)もうそれ以上は切原も何も言えなくなると思うんですけどね。
流石にそこまで器用に立ち回るのは無理、か。
案外ちゃんと試合したいのかもしれませんしね、この前の不二戦で懲りたでしょうし。
…いや、そんな簡単に変わらないかな(^^;
てかみんな自主練しようよ…真面目にやってるの梶本君だけ?
ほらキミらだよ、宍戸、鳳、清純!!
桃と菊丸はサボってるし……ヤレヤレ。
試合の方は。
5-4で乾、柳ペアが勝っている様子。
しかし不二には作戦があったようで。
ツーバック陣形からオーストラリアンフォーメーション。
佐伯の豪快な腹チラはサービスなのか何なのか。
不覚にも一瞬ドキっとした自分が心底情けない。
息のあったプレイを見せる佐伯と不二。
「マジかよ…兄貴と佐伯さん、完璧なコンビネーションじゃんか」by裕太。
いやキミも知ってるだろうけど一応幼馴染だからね。
そりゃ息も合うってもんでしょう。
不二の作戦はわざと死角にトップスピンを打たせそれをツバメ返しで打つという事。
久々に観たツバメ返しはなかなかカッコイイ。
アップの佐伯もカッコイイなぁ…あのルックス、好みとは外れるけどやっぱりカッコイイ。
トントン、と二人息のあった動きの見せ方はカッコ良かったですね。
流石佐伯君、これは彼だからあそこまで決まるんだろうなぁ…美形は得。
「んふ、流石ですね天才不二周助。僕が認めたライバルだけのことはありますね」
と一人ご満悦気味の観月。
周りは完璧にそんな観月を不憫に思っている様子。
…可哀想な観月。

その後、夕食。
鳳、宍戸、梶本君に食事を配る朋ちゃんと桜乃ちゃんがちょっと羨ましいと思ったりして(^^;
佐伯と被ってるけど梶本君は結構好き。
結局あのあと試合は不二たちが勝ったみたいで。
両方急増ペア、一方は元ペアとはいえ不二たちも幼馴染ペアですしね。
ま、こんなもんなのかな。
そんな和やかな食事タイム、またしても雰囲気を悪くする人が一人…。
「お前に関係ないだろ!」
と切れかける神尾。何でも切原が橘さんの事を神尾に聞いたらしい。
「いいじゃねーか、教えろよ。どうなんだよ橘の具合?」
へりくだった態度ならまだしも偉そうな顔してまぁ…。
私はこういう切原が好きなんで、観ていて面白いんですが彼の今後を思(略)
「ヘッ、怖気付きやがって。そんなに俺が怖いのかよ。弱虫はとっととお家に帰んな」
と捨て台詞を吐いて去る切原。
しかし神尾はそんな台詞を無視できるほど大人ではなかった。
「切原ぁーー!!」
切原に掴みかかる神尾。
取っ組み合い勃発。
いかにも中学生という感じがしますね。
しかし私と違って周りのみんなはそう傍観しているわけにはいかない。
止めに入る桃、大石、清純に梶本君。
「いい加減にしろ!ここは合宿所だぞ!」
全く大石の言うとおり。

そして夜。
リョーマと桃の部屋。
風呂上りの桃のちょっと下りた髪が良い感じ。
…やだなぁ、桃ってバネちゃんに似てるから桃が出てくるとバネちゃん思い出してしまう(^^;
と、そこへ梶本君が訪ねて来ました。
何でも相部屋の切原がいなくなったので探しに来たとのこと。
…あちゃー、厄介な人と相部屋になったもんだな梶本君も。同じ神奈川県だから?
スミレ班最大の貧乏くじだ(苦笑)
しかし、切原の相部屋が冷静で大人でしかも物事をハッキリ言う梶本君で良かったとも思います。
宍戸辺りと同室になってたら速攻喧嘩おっぱじめそうだし。
にしても三年で城成の部長なのにこの腰の低さは何なんだろう。
多分、こういう面しっかりしてるのはこの合宿メンバーでも彼が一番でしょうね。
どこぞの部長にも見習って欲しいもんです。
他校の問題児の心配までして…ホント、いい人だ(感涙)
…それはいいとして。
清純の相部屋の神尾もいなくなったとのこと。
かつての敗戦相手と同じ部屋とは、清純はホントにラッキー千石なのか疑問に思う次第。
神尾と切原が同時に居ない…何かいやな予感。
暗くなった合宿所の廊下を怪談話をしながら歩く一年トリオ。
カチローの顔がめちゃめちゃ怖い。
そんなトリオが歩く中…一階上の廊下に人影が二つ。
突然の物音とともにトリオの前に現れたのは…階段を転げ落ちてきた切原。
切原に駆け寄った堀尾が見上げた階段の上には人影が一つ。
慌てて走り去るその影を見て堀尾が一言。
「か、神尾さん…?」

「次回、テニスの王子様……"疑われた仲間"」
予告だけ聞いてると切原は実に性格の良さそうな先輩でした(^^;
来週は飯塚作監かな。


今日はこの辺で仕切るww
ε(*'-')з†.。*・☆Good Night☆・*。.†ε('-'*)з 

No comments:

Post a Comment