Monday, May 11, 2015

白ゆき姫殺人事件

(ノ*´>ω<)ノ【☆GoodEvening☆】ヽ(>ω<`*ヽ)
今日も一日出勤とゼミを終えたあと
映画タイムだ!
そして、今日は白ゆき姫殺人事件を観た!
前々から観たかった映画の一つだ!

あらすじ

『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる。
監督は、『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。容疑者である地味なOLを井上真央が熱演。テレビディレクター役の綾野剛のほか、菜々緒、貫地谷しほりらが共演する。容疑者がいかなる結末をたどるのか最後まで目が離せない。
人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。
殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。
テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。
典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、
美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。

この映画、
湊かなえが原作なんですよね♪( ´艸`)
「告白」の原作を読んで すっごく面白かったので映画も観たのですが  
映画は映画で監督の解釈した結末になっていて
面白かったです(*^▽^*)
原作の本当のことは分からない感じに 何とも言えない面白さを感じました(^∇^)
こちらの「白ゆき姫殺人事件」は
原作を読まずに映画を観に行きました(;´▽`A``
まずこの題名が面白そうで、
なんで白ゆき姫なのかを考えながら観ていたんですが

初めのあの衝撃シーン(((( ;°Д°)))) 菜々緒が滅多刺しで殺されているところで
刺し傷が7か所だ!!Σ(゚д゚;)
7人の小人に殺された!?∑(-x-;)
とか勝手に考えてましたが、
全然違ったしorz
この映画内では
ツイッターがすごく大事な要素になってくるんですが
最初の題字シーンが、
色んなツイートの文字が出てきて
最後その文字の中の
「し ら ゆ き ひ め 殺 人 事 件」
だけが浮き上がってくるっていうのが
おお~!(ノ´▽`)ノ
ってなんかわくわくしました(°∀°)b
ていうか菜々緒が被害者なんですけど、
過去のシーンで着ているワンピースが
どれも可愛くて欲しくなっちゃった!!!ヘ(゚∀゚*)ノ
Aラインで素敵なのよね・・・
画像が出てこないので紹介できないんですけど、
今後観に行かれる方は菜々緒ちゃんのワンピチェックしてね★
この殺人事件が起こったのは
長野県のしぐれ谷っていう国定公園内っていう設定だったんですが
実際には無いのかな?(・∀・)
このお話は綾野剛扮する契約社員のTVディレクターが 事件の情報を色んな人から聞くことで進んでいくんですが
ま~人の記憶っていうのは
自分の都合の良いように書き換えられていくみたいですね( ̄▽ ̄)=3
嘘をついている自覚無しに言っちゃうんだから質が悪いです( ̄* ̄ )
たいてい良いことは自分がしたみたいに言っちゃうから
話し手によって先輩を褒めた人物が変わったりします( ̄∇ ̄+)
そして基本的に人はみんな事件について話したがるみたいですね( ̄_ ̄ i)
会社の同僚、小中高、大学の同級生、実家の近所の奥さん、
みんな笑ってインタビューに答えるんですよ( ̄□ ̄;)
ただの根も葉もない噂なのに、
責任も取らないのにペラペラしゃべっちゃうんです(  ゚ ▽ ゚ ;)
みんな怖いと思わないんだろうか?
モザイクかかってても絶対身近な人には
誰が言ったか分かるからね(=◇=;)
もう、女の子って怖いよ!・°・(ノД`)・°・
ってか菜々緒が絶対普通の役なわけないと思ったら
やっぱ汚れだった( ̄▽+ ̄*)
菜々緒好き(●´ω`●)ゞ しかし最低だと思ったのは付き合っていた元カノを

容疑者だからか知らないですが、
まるでストーカーだったかのように証言した男!!ヽ(`Д´)ノ
お弁当もいらないって言ってるのに毎日作ってきて気持ち悪かっただなんて
よく言えるな~って感じでした(`ε´)
ホントはすっごく喜んでいたのに!!!
一度は愛した女性を下げて言うなんて
男の風上にも置けないやつだ!!!って
腹が立ちましたね(`(エ)´)ノ_彡
基本的に湊かなえのお話は
人間の悪意を赤裸々に描いているものが多いので
正直なお話だなぁと思って観ているのですが
やはりこんな非情な人間がいるということが
すごく怖いですね(・_・;)
私はまだこんな悪意を他人から直で感じたことが無いので
こういうこともあるんだ・・・って勉強になりましたよ・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)
まぁそんなこんなで人間の最悪な部分を 嫌というほど見せられた後
容疑者視点で話が進んで行って
真相が明らかになっていく構造となっております(`・ω・´)ゞ
ネットと人々の悪意によって容疑者とされてしまった
井上真央扮する地味な女・・・
彼女は本当に我慢強い人でしいつも理不尽な目にあっても
「赤毛のアン」のように
空想の世界で自らを癒してきた女性
きっといいことある・・・
と思い続けて、 
最終的に容疑者になる不運な女性
それでも彼女はじっと耐えてました
イジメられてもやりかえしたりしない
日々の生活を坦々とこなしていきます
悪意など 全く持ち合わせていない女性なのです
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
こういう人が一番強い、一番カッコいいと思う
最後親でさえも自分を裏切ったと
絶望の淵にいた彼女が
20年以上あってもいない幼馴染に
救われるシーンは
涙が出ました(´_`。)
例え長い間会っていなくても
言葉を交わしていなくても
「世界中のみんなが敵になっても、お前の味方だよ」
と思ってくれる人がいる
この純粋な人間関係がとてもまぶしい(☆。☆)
最後に、人間の善良さを見た気がしました(゚ーÅ) きっといいことがある
そんな風に思える映画だったと思います(*^.^*)
現実は甘くありません
嫌なことの方が圧倒的に多いかもしれません(ノω・、)
それでも きっといいことがある
そう信じて毎日一歩一歩進んでいくことが
とても大切なことなのだと感じましたヾ( ´ー`)
前半はイジメとか人間の悪意を見せつけられるので
苦手な方もいるかもしれませんが
ラストはすごく良かったですし、
シビヤなこの世の中を自分も頑張って生きていこう!!
思えるすごく良い作品だったと思います(^O^)/
なかなかここまでリアルな人間心理を描いた作品も
少ないと思いますので是非観てもらいたいです( ´艸`)
湊かなえはこういうのがホントに得意ですね(・∀・)

というわけでこの映画は

9/10!!

です
犯人も動機もけっこうある意味衝撃的なので
ミステリ的にも観てみても良いのではないかと思います( ̄▽+ ̄*)
涙が出る映画はポイント高いです(°∀°)b
(誰でも泣けるってわけではないですσ(^_^;))
ではでは(σ・∀・)σ

No comments:

Post a Comment